読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mixturerock

イギリス在住11年、AIR JAM世代。 パンク系のライブに出没度高いです。 音楽の知識はひじょーに浅く、幅は狭く。 ブログは楽しかったライブの写真メインの記録です。 詳しいライブの内容が知りたい方は、本職の方々のウェブサイトへ向かってください。

Corey Taylor at KOKO, London on 8th May, 2016

Slipknot Corey Taylor Stone Sour

f:id:mixtureagr:20160601013725j:plain

すごい週だった。
月曜にずっと会いたかったLess Than Jakeに会えたかと思ったら、
同じ週にこれまたずっと会いたかったCoreyに会えるなんて!
今年の運をここで全て使い果たした気もする。

SlipknotもVIPチケットあるけど、
高くて高くて、そこまでして会わなくてもいいやって感じだったんだが、
CoreyのVIPはこれだけ付いて100ポンド以下(チケット代は別)。

CoreyとMeet & Greet
Coreyが何にでもサインしてくれる
Coreyと写真が撮れる
Coreyのサイン入りのハードカバー『You're Making Me Hate You』がもらえる
Coreyのサウンドチェックをみれる
一般客より優先で会場に入れる

これはもうお得としか言えんだろう!
こんな機会次あるのかもわかんないし。

それに、私も中年だから、
1歳でも若いうちに一緒に写真を撮っとかないと!!

もちろんVIPチケットは即座にソールドアウト。
なんてラッキーなんだろう(T T)

Coreyなんて一生会えることなんてないだろうって思ってたから
本当びっくりだし、突然すぎて何んだかリアルじゃなかったぁ。
だってこのVIPアナウンスされたの水曜日で
ライブは日曜日だからね。

で、当日。
VIPは16:30集合。一人で来てる人は私ともう2人ぐらいだったかなぁ。
全部で50人ぐらいだったのかなぁ。

時間になるとまだ誰もいないKOKOへ列になって入場。
フロアの端っこに一列に並んでCoreyの登場をまだかまだかとドキドキ待つ。

f:id:mixtureagr:20160601021219j:plain

今まで気づかなかったけど、誰も人がいないとKOKOって思ってたより狭いな。
それにしても美しい会場。

f:id:mixtureagr:20160601020839j:plain

今回のオーガナイザーみたいな人が説明をしに来て
その後すぐにCoreyがフレンドリーに登場。
すごい、本物だよぉ。すぐそこにいるよ。
なんていい男なのかしらぁ。

個々にCoreyとの時間がもらえて
ちょっと話して、写真撮ってもらって
サインしてもらってハグしてもらえる。
素晴らしい企画ダァー!

f:id:mixtureagr:20160601021557j:plain

Coreyはほんとフレンドリーでファンとよくしゃべるしゃべる。
私はこの語学力であんなに会話が弾むんだろかぁ。。。
ネガティブなんで逆に心配になってきた。。。。
足にサインもらう子もいれば、
泣いてしまった男の子もいたり、
Coreyをおんぶして写真撮ってる子もいたり
とにかくみんな嬉しそうだ。

いよいよ私の番が!
まずはじめに、緊張しすぎてハグor握手してもらうの忘れた。。。。
きっと今回ハグor握手しなかったの私だけじゃなかいかな。。。
とりあえず手持ちのチケットとSlipknotのCDにサインをいただく。
本当は名前入れて欲しかったけど、
余裕がなくて頼めなかった。。。。
なんでいつも本番に弱いのかしら。。。

f:id:mixtureagr:20160601022207j:plain

黙ってサインをもらってるのもなんなんで、
何か話さないと!って思って
昔ショートコースで作ったCoreyのスカルプチャーの写真を見せようと決意。

私「見せたい写真があって。昔作ったあなたのスカルプチャーなんだけど、
すごいいけてなくって、彼氏が捨てろ捨てろってうるさいから
捨てる前に、最後にあなたに見せて感想聞いてから捨てようかと。。。
教えてた先生も、WTF?みたいな感じだったんだけど。。。」

Coreyが笑いながらOK,OKって言って、 サインが終わったら見るって。
どれどれって見てくれたら、 笑いながらナイスって言ってくれた。

ほ、ほんとかよ。。

でもいい人だ。
作ったものを本人に見せて感想きけるなんて
すごいことだよねぇ。感動。
ショートコース行った甲斐があったなぁw
これ以外何の役にもたってないけど。

私「これでやっと捨てられる(笑)」

最後に肩組んで写真一緒に撮ってくれた。
後で写真見たら、自分の顔がひどくてびっくりした。
なんだあの表情は。。。こんなんだったら笑うんじゃなかった
フィルターさえ救えなかったさ。。。
閉じられた空間のFBにも載せなかったさ、あの写真。
ま、会えたってことが重要なんだな。

全員のMeet & Greetが終わると、
今度はサウンドチェック。
Coreyが3曲ほど歌ってくれた。
そのうち1曲はThe JamのIn The Cityだった。
やっぱイギリスだからかな。
歌うまいわ、本当に。
それにしても贅沢なライブだ。
たった50人ぐらいの人のために
歌ってるよ、Coreyが。
ロンドンに来て本当に良かった。

VIPが終わると、本番まで2時間ほど。
時間潰すのが疲れた。。。。
一番前の端っこでじっと待ってて
20:00ぐらいにいよいよソロ公演スタート。
最初1時間はトークとQ & Aになってて
みんなよく質問してた。
Coreyもコメディアン並みにしゃべるしゃべる。

その後やっとショーがスタート。
歌本当うまいです。声が素敵です。

www.setlist.fm

個人的には彼の曲以外では、
Have you ever seen the rainを歌ってくれたのが嬉しかった。
新しいStone Sourメンバー(?)のChristian Martucciも登場。
この人性格良さそ。
1時間ぐらいで終わるのかと思ったら、
2時間ぐらい歌い続けて、トータル3時間の至れり尽くせりのショーだった。

次はStone Sourをロンドンで是非見たいなぁ。

そうそう、Coreyがこの日来てたTシャツと全く同じものを
私の彼氏も持ってるんだ。なんか嬉しいな。

f:id:mixtureagr:20160601025159j:plainf:id:mixtureagr:20160601025226j:plainf:id:mixtureagr:20160601025906j:plainf:id:mixtureagr:20160601025916j:plainf:id:mixtureagr:20160601025923j:plainf:id:mixtureagr:20160601025936j:plainf:id:mixtureagr:20160601025945j:plainf:id:mixtureagr:20160601025952j:plainf:id:mixtureagr:20160601025958j:plainf:id:mixtureagr:20160601030013j:plain