読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mixturerock

イギリス在住11年、AIR JAM世代。 パンク系のライブに出没度高いです。 音楽の知識はひじょーに浅く、幅は狭く。 ブログは楽しかったライブの写真メインの記録です。 詳しいライブの内容が知りたい方は、本職の方々のウェブサイトへ向かってください。

BABYMETAL at The O2 Arena on 5th December 2016

BABYMETALついにO2です。
サポートアクトとはいえ、O2です。
それに誰の前座かって、レッチリです。
なんてすごい10代なんでしょう。
ただただ尊敬。

今回で見るのは、4回目だ。結構きてるね、ロンドン。
本当はダウンロードでも見るはずだったんだけど、
道が混んでて間に合わなかったんだよね。
もったいないことした。

会場にドアオープン30分後ぐらいに着いたら、
O2は広くてマーチがいっぱいあるからなのか、
メインアクトじゃないからか、
ガラガラだった。
前回のウェンブリーの時は、Tシャツ買ってきてくれって
日本の知り合いに頼まれてたんだけど、
売り切れて買えなかった。
今回頼んでくれたら余裕で買えたのにぃ。

f:id:mixtureagr:20161219070957j:plain

BABYMETALが始まる直前になっても、席はさほど埋まってない。
スタンディングも半分も埋まってなかったんじゃないかな。
でも、しょうがない。
ロンドンはメインアクトが始まるギリギリまでこない人多いから
驚くことではない。


レッチリのファン層ときっとかぶらないんじゃないだろうか。
あんまり盛り上がってるって感じでもなかったような。
ジャンプしてたのは前数列ぐらいだった。
ま、サポートアクトは大抵そんなもんだよね。
曲が終わった後の拍手はちゃんとすごいあったけど。

しかもサポートアクトだからおっきなスクリーンもないので、
こんなに大きな会場で、後ろの席のレッチリ見に来た人には
彼女たちの良さが伝わりづらかったような気がする。

BABYMETAL自体はとても良かったな。
今回でもう見にいかなくてもいいかなって毎回思って、
すでに4回目。
かわいすぎる。
見るたびに一生懸命でとてもいい。
パフォーマンスに徹底してるのがいい。
SU-METALの英語が確実に聞きやすくなっている。

Road of Resistanceやらなくて残念だな。
でもKARATE聞けたからいいや。この曲大好き。


サポートアクトだから時間が短くて残念。
またすぐ来てください。

Orphaned Land/Voodoo Kungfu at The Underworld, London 20th Nov 2016

f:id:mixtureagr:20161213003538j:plain

この日は、ウクライナ、ロシア、中国(アメリカ)、イスラエルと
国際色豊かな4メタルバンドのライブ。

最初のウクライナのバンドは、ポーランド人の友達が
パーフェクトな描写をしていたのでそれを。

ユーロビジョンに出てきそうなバンドだね。

初めての海外遠征なのか、
ヴォーカルがすごい喜んでて微笑ましかった。

2番目のロシアのバンドImperial Ageは、
オペラ座の怪人meetsメタルって感じで
ヴォーカルがウエストエンド度高い高い。
ものすごい不思議なバンドだった。
いきなり3ヴォーカルになるし。
ベースの人がイケメンでそれを見てるだけでも楽しかったけど。



さて、この日の私が一番楽しみにしてたバンドVoodoo Kungfuが3番目に登場。
チャイニーズメタルバンドだけど今はアメリカベースなのかな。

最初の2曲はフードとマスクをかぶってて
民族音楽と重い演奏が混じって異様でそれだけで引き込まれた。
中国語の曲でも、みんな見入っている。

見せ方がすごくうまいバンドだな。
ヴォーカルもそうだけど、
ベースのMurvのロボットみたいな動きが
私はすごい好きだった。
彼はPowerman5000というバンドのメンバーみたいなので、
そっちもチェックして見よ。

f:id:mixtureagr:20161213005109j:plainf:id:mixtureagr:20161213005123j:plain

オンラインでVoodoo Kungfuについて調べても
あまり見つからないんだけど、
(中国語なら見つかるのかも)
ヴォーカルの人がキャラ濃くて、
でもインタビューを見る限り
すごい真面目で几帳面な印象。好感度大。
昔動物園ではたらいてたらしい。

Voodoo Kungfuは期待を裏切ることなく、
今年のベストコンサートの一つだった。

ロンドンのが上がってないので、オランダとパリのを。



この日のメインアクトはイスラエルのOrphaned Land。
彼らがステージに上がった途端、友達が
バンドメンバーが全員ハンサムだ!!!って喜んでた。
100%異論なしです。

イスラエルでメタルバンドって
風当たり強くて大変だっただろうな。
(勝手に入らない同情中)
ライブのMCでもヴォーカルがみんなにどこから来たのか聞いてて
で、最後にどこから来たのかは関係ないって。
こうやってみんなで音楽をたのしめることに感謝してた。
今日の国際色豊かなラインアップ見ても納得。
どのバンドも個性があっていつも一味違ったライブで楽しかった。
特にVoodoo Kungfuはまた絶対見るぞ!

f:id:mixtureagr:20161213010750j:plainf:id:mixtureagr:20161213010815j:plainf:id:mixtureagr:20161213010820j:plainf:id:mixtureagr:20161213010827j:plainf:id:mixtureagr:20161213010839j:plain

SOiL at O2 Academy Islington, London on 15th November 2016

f:id:mixtureagr:20161205192745j:plain

久々にSOiLのHaloが聴きたくて、ライブ行ってきた。
3度目のSOiL。

SOiLのファンは女の人が結構いる。
Ryanがかっこいいからかな。
Ryanの声がいいのだ。
サラサラの美しいストレートのブロンドの長髪が素敵なのだ。
マイクの持ち方が、やばいくらいかっこいいのだ。
Haloが出た頃にのRyanをライブで見たかった。
今でもこれだけかっこいいんだから、
若い時なんてどんだけかっこよかったことか。

f:id:mixtureagr:20161205193215j:plainf:id:mixtureagr:20161205193219j:plain

ファーストアルバムとセカンドアルバムの曲はいいねぇ。本当に。
Ryanが抜けてた頃の曲を、
『歌いたくないからみんなで歌ってくれ』って言ってるのがうけた。

アンコールはもちろんHaloなんだけど、
この曲やるとき、Ryanがいっつもフロアに降りてきて
曲の間じゅうファンに取り囲まれてるから、
1度も姿を見たことがない。。。
Ryan背も小さいしね。
今回は逆サイドに降りて行ったので、
声のみで全く見れなかった。
いつかこの曲をステージで歌ってるのが見たいなぁ。

Jimmy Eat World at Troxy on 5th November 2016

f:id:mixtureagr:20161118031711j:plain

初Jimmy Eat World参戦。
ライブ友達がファンらしく、
一度見てみたかったのでちょうどよかった。

この会場も最近よくライブをやるから、来てみたかったんだな。
なんと、フロアーがカーペット。。。
柔らかくって足が疲れにくくていいかも。
ロックバンドを優しさに包まれてみるのは初めてだ。
2回もちょっと不思議な席になってたんだよね。
よく見えなかったけど、普通の会場とは違うと思う。
それにジントニックがなんと8ポンドもする。

女の子のファンが結構いる。
年齢層もパンク系より落ち着いてていい感じ。

アンコールの2曲は知ってた。
なんとなくミスチルを思い出した。
ヴォーカルの声がきれいだな。うまいな。

f:id:mixtureagr:20161118031738j:plain

Taste of Anarchy Tour 2016 at The Underworld Camden on 26th October 2016

f:id:mixtureagr:20161112003538j:plain

もともとは日本のハードコアバンド、SANDが見たくって、
チケットとったんだけど
最終的にはトリのNastyがとても楽しみになっていた。
You Tube見る限りライブがやばそうなんだもの。

Pizza of Deathからハードコアバンドって
今まであったっけ??

ライブ始まる前に、会場の近所に住むイタリア人のライブお友達と
ライブハウスの上のパブで一杯。
いいな、カムデンに住むと色々便利でいいだろうなぁ。
もっとのんびりしてたかったんだけど、
Sandが始まるのが、7:15と早いので
後ろ髪引かれながらバイバイをして、
もう一人のライブお友達といざ会場へ。

この時間の割に、結構客が入ってたと思う。
いつもどーり曲は全く知らないけど、、、
ハードコアのだけどメロディがあって聴きやすい。
キャッチーとはまではいかないけど、
あまりこれ系聞かない私でも入りやすい。

f:id:mixtureagr:20161112002433j:plain

SANDのライブが終わった後、
メンバーがマーチにいたので、話しかけてみた。
日本語っていいねぇ。

海外にやってくる日本人バンドの話や
ここでやってた他のハードコアバンドの話、または
『日本語Tシャツないんですか』
『どのバンドが一番いい人ですか』
『どこが一番ファンがすごかったですか』
『アメリカとヨーロッパじゃノリが違いますか』
『イギリス英語聞き取れますか』
とかこんなどーでもいい質問ばかり長々と繰り返す私たちにも
いやな顔せずしっかり笑顔で答えてくれて好感度相当大。
また是非ロンドンきてくださいって言って次のバンドへ。

3番目のバンドはあまり私好みじゃなかったので省略。
そうそう、本当は最初のバンド見たかったんだけど、
飲んでたから見れなかったんだ。残念。

4番目のMalevolenceなかなかかっこよくてお気に入り。
メインアクト並みの盛り上がりだったね。

f:id:mixtureagr:20161112004545j:plain

ロンドンのが上がってないのでドイツのを。

ライブ見てたら前にいた男の人が、
『見える?』って聞いてきてくれた。

本当に素晴らしい。

何度めだろ、これでこんな素敵な言葉をかけられたのは?
日本のライブも相当行ったけど、1度もないぞ(笑)!!
って一緒に来てた日本人のお友達に言ったら、
『一度も言ったことないですね』って言ってた(笑)

ライブなんて好きなバンド見るために、お金払ってきてるわけだから、
みんなできる限り楽しもうと自分中心になってる時に
他の人が見えるか気にできるなんて、すごいわぁ。

メインアクトのNastyの時は、190cmぐらいありそうな大きな人が横にいて、
彼がフェンスにもたれると
私の視界が少し遮られる感じで心配してたんだけど、
ライブ始まったら、最初の数曲以外は後ろに一歩下がって見てた。
多分意図的に下がってくれたんだと思う。(前向きに解釈中)
横顔にTattooがいっぱい入ってて、
こーゆー人は一体何の仕事をしてるんだろう。。。って
思うほど迫力のある人だったんだけど、
警戒してごめんよ。本当にありがとう。
おかげさまで本当に気持ち良くライブが見れました!
こういうちょっとした気遣いが他人を少し幸せにするんだな。
私も見習わないと。

さてNasty。かっこよかった。
ファンの気合いもすごかった。

ロンドンのが上がってないので、違う国を。

激しいライブが終わった後、
速攻マーチに立つボーカルのMatthiasが素敵。
この日彼が着ていたNIKEのパロディのTシャツがすごく欲しかったんだけど
ソールドアウトだった。しょうがないからニット帽買った。。。
グラフィティチックにNastyって入ってるけど、
い、いつかぶる機会があるんだか。。。
黒なのが救い。
ちょっと年いった日本人おばさんが、
ロンドン郊外でスケーター風に被ってたら、それ、私です。。。

ついでに一緒に写真撮ってもらった。
かっこいいなぁ。
Matthiasかっこいいなぁ。

来年ロンドンきたら、またライブみにいこ。
帽子かぶって。

f:id:mixtureagr:20161112011205j:plainf:id:mixtureagr:20161112011214j:plainf:id:mixtureagr:20161112011218j:plainf:id:mixtureagr:20161112011223j:plainf:id:mixtureagr:20161112011227j:plainf:id:mixtureagr:20161112011229j:plainf:id:mixtureagr:20161112011235j:plain

Monster Truck at The O2 Arena on 20th October 2016

f:id:mixtureagr:20161031020218j:plain

Monster Truck、Download Festivalに出てたみたいなんだけど、
その時ノーマークだったので見れず、
そしたらUKツアーだっていうからこりゃ行かねば!
って思ったら
Nickelbackのサポートできてるため
会場が大きすぎて、チケット代も高い。
サポートアクトでちょっとしかやらないのに
このチケット代はちょっとないなって諦めてたら、
彼氏のお友達がFBにMonster Truckのライブの写真アップしてて
いいなぁみたかったんだよなぁってコメントしたら
ゲストリストに入れてあげるよって
気軽にすごい返信がきた。

入れてくれー!!
って入れてもらったのがライブの1日前。
本当にゲストリストに入ってるのかなぁ。。。って
疑いつつ行ったら、なんとちゃんとチケットが用意されていた!!

というわけで思いがけずしかも無料で見れちゃったMonster Truck。
Nickelbackにはあまり響いてなかったな。
昔の王道ロックな感じでかっこいい。
今度はちゃんとフルでもっとちっこい会場で見たな。
もちろん金払っても喜んでみます。

ボーカルの髪型が素敵。

Nickelback別に見てもよかったんだけど、
彼氏が絶対見たくないというので、見れなかった。。。。

Less Than Jake at La Flèche d'or, Paris on 14th October 2016

f:id:mixtureagr:20161031013049j:plain

今年最後のLTJのライブ。
今年3回目のLTJのライブ。
パリでLTJ見るのは2回目のライブ。
合計で13回目のLTJのライブ。
これで今までで一番見ているバンドになったような。

かっこいい会場だな。
パリは前行った2つもかっこよかった。
ロンドンよりも会場が小さくて見やすくていいよねぇ。
人も少なめでいいよねぇ。

着いたら早速マーチへ向かい、
25個限定のEvo Kidはあるかって聞いたら、
売り切れたって言われた。。
そりゃそうだよな。。UKの時点で売り切れてたんだろうな。。
じゃぁ、RehasherのTシャツのSサイズはあるか?って聞いたら
ないって。。。たぶん作ってないんだよ、Sサイズ。。。
はぁ。Mサイズトライする?って聞かれて
ま、自分で着るわけじゃないから、Mでもいいやぁって思って
しょうがなくMを購入。おにーちゃんにあげよ。
キーホルダー買えたのは嬉しかったけどさ。

f:id:mixtureagr:20161031011254j:plain

余裕で一番前とれたけど、
わたしゃ端っこが好きだから端っこでゆっくり鑑賞。
今日のステージは横に階段があって
すぐにフロアに降りてくれるような作りになっていて、
なんとRogerが降りてきた!!
私の真横をベース持って通りすぎて、
後ろの方まで走って行って、そのあとはどこまで行ったか客で見えなかったけど
ちょっとしてからまた横を通ってステージに戻って行った。
これは13回目にして初めて見た!!

BuddyがUKツアーで使ってたボールをこっちに投げてくれたから
しっかりお土産として確保。

f:id:mixtureagr:20161031012752j:plain

アンコールでChrisが "The Rest Of My Life"をしっとり歌い上げてる時に
Rogerがまた降りてきてほぼ曲の間中私の間の前にいたんだよねぇ。
日本人客とちょっと違うのは、
フランス人、Rogerのドレッドの髪の毛みんな勝手に触ってた(笑)
日本人のファンはしないよね、たぶん。。。(笑)
しっとり聞いてる時だし。
途中でRogerがこっち向いてハイファイブしてくれたので
Roger!って叫んでしまった。

パリはええ。
前回もRogerがピックくれたし。
パリはええ。
終わった後もUberでたった10ユーロで家に帰れるし。
また来なきゃ。

最前列に普段はこーゆー系のライブでは見かけない60代ぐらいの老夫婦がいて
この日ずっとライブのムービーをとってたんだよね。
趣味かな。LTJにステージに上げられてた(笑)
そのムービーがもちろんYou Tubeにアップされてる。
私は最初の方に端っこにいるのが確認できるぐらいかな。



f:id:mixtureagr:20161031013346j:plainf:id:mixtureagr:20161031013407j:plainf:id:mixtureagr:20161031013437j:plainf:id:mixtureagr:20161031013445j:plainf:id:mixtureagr:20161031013446j:plainf:id:mixtureagr:20161031013501j:plain

Less Than Jake at O2 Academy Brixton on 6th October 2016

f:id:mixtureagr:20161023235331j:plain

今年2回目のLess Than Jake。
通算12回目のライブ。

UKの他のベニューもすごく行きたかったけど、
チケットも押さえてたけど、
前回といい今回といい、
仕事が一番忙しい週にLTJはやってくるので
UKはとりあえずこの1日のみ。

スポンサーついてるライブだったから
チケットはどの会場も10ポンド!!
安い!
UKのいいところは、ライブ代が安いところ。
ちょっときになるバンドがいたら、
アルバム聞く前にライブに行って体験してしまえって感じだ。

Less Than Jakeは普段もっと小さい会場でやるんだけど、
見事に今回は埋まってたねぇ。

サポートのKEMURIから、ステージの前の真ん中あたりにいたんだけど、
Less Than Jakeの前のThe Skintの時点で身の危険を感じて
いつものポジションの端っこへ移動。
移動して本当に良かった。
すごいモッシュの嵐だった。
モッシュだけならまだしも、
平均身長高いから本当に見えないんだよね、真ん中って。
でも大きな会場で見るLTJもいいな。



本当にLTJはライブがいい。
初めて見た時も、一番興味無いバンドだったのに お目当のバンドより惚れてしまった。
少しゆるい感じもいい。
性格良さそうなところもいい。
マーチが凝ってるところもいい。
センスがいい。
曲がいい。
ファンサービスもいい。

あ、そうそう。
インスタグラムで繋がっているハードコアな
LTJファンの女の人についに会ったんだ!
って言ってもハローぐらいしか言う時間なかったんだけど。
彼女はいつも一番前にいるので、見つけるのが簡単。
インスタグラムで『今日来てるの?』ってメッセージが来たので
来てるきてるって、LTJ始まる前にサクッと挨拶に行ったんだ。
バックの音がうるさいのと私の英語がいけてないからか。。。
何言ってるかわからなかったみたいで。。。
とりあえず会えてよかった、じゃーねーって感じで終わったけど
こーやって同じファンの人と交流が広がっていくのはいいよね。
次は一杯ぐらい飲めたらいいな。

f:id:mixtureagr:20161023235458j:plainf:id:mixtureagr:20161023235507j:plainf:id:mixtureagr:20161023235543j:plainf:id:mixtureagr:20161023235552j:plainf:id:mixtureagr:20161023235612j:plain

KEMURI at O2 Academy Brixton, London on 6th October 2016

f:id:mixtureagr:20161022212714j:plain

いやぁー、KEMURIをロンドンで見れるとは!
2000年前半のライブ三昧だった頃思い出して
懐かしくなった。
って言っても去年2回日本で見てるけど。

今回はLESS THAN JAKEがヘッドライナーを務める
FIREBALL: FUELLING THE FIRE TOURの幾つかの会場で
KEMURIが参加していて
私はこの日のBrixtonだけ参戦。
本当はグラスゴー以外の全てのチケット押さえてたけど
仕事が激務のため断念。

7時前に始まるという状況の中で、
日本人バンドとは思えないほど、
かなり盛り上がってた。

一緒に行った日本人の友達と、
フミオの英語の流暢さに感心していた。
用意された言葉を覚えてるとかじゃ全然ないよねぇ。
すごいナチュラルにその場で話してる。
11年ロンドンにいても私にはできん。。

フミオが会場のファンとコミュニケーションをとるので
日本人アーティストの海外公演にありがちな
一方的なライブではなく、
みんなで一緒に楽しめるいつものPMAなライブになって
KEMURIの良さがヨーロピアンの皆様に
すごくよく伝わったんじゃないかなぁ。

2004年ぐらいで私のKEMURIアップデートは止まっているので
3曲ぐらいしかわからなかった。。。
しかも絶対やるだろうって楽しみにしてた
Along the Longest way....やらんかった(T T)
でもPMAをロンドンで聴けてそれだけでも大満足。

また来てください。

f:id:mixtureagr:20161022212637j:plainf:id:mixtureagr:20161022212650j:plainf:id:mixtureagr:20161022213113j:plainf:id:mixtureagr:20161022213130j:plainf:id:mixtureagr:20161022213145j:plainf:id:mixtureagr:20161022213150j:plain

Burnt Tapes at The Unicorn Camden Live, London on 8th September 2016

f:id:mixtureagr:20161022201634j:plain

7回目(?)のBurnt Tapes。
今月唯一のライブ。
この会場気になってたんだよね。
おもいっきり住宅地にあるパブなんだね。
でもかなり広いくてマイナーバンドがやるのには
とてもいい感じのスペース。
何と言っても無料なのがいい。

今日はこの間一緒にSTRUNG OUTのライブに行ったイタリア人カップルと
お友達の日本人と一緒に参戦。
会場はもちろん身内系ファンの方々ばかりです。

今日はBurnt Tapesは新曲を披露。
英語の歌に弱い私には、どれが新曲かわからんかった。。。
好きなバンドでさえ曲名とか覚えないから知らないしねぇ。。。
この適当な性格を少しでもなおせたら
人生はもっと有意義なものになっていたんじゃないかといつも思いつつ
レイジーなのでなおせない。。
ま、この年で今更あがいてもしょうがない。
ま、新曲のおかげで私の好きな曲をやらなかったのが残念だけど。。。

見にくるたびに、確実にステージプレゼンスが上がっている。
特に右の人。(名前を覚えてないし。。友達のバンドなのに。。。)
ボーカルもとるようになってる。
写真もとりやすくなったなぁ。

一緒に行ったイタリア人カップルは、
相当ライブに行ってるツワモノで、
ライブどうだった?って感想聞いたら、
前のバンドがイマイチだったから、あーこれ系のバンドねって期待してなかったけど
全然よかった!って言ってた。

帰りの電車が全然こなくって、結局タクシーで帰るはめになり
無料のライブのはずが、 人気バンドのチケット代ぐらいのタクシー代かかったのがオチ。

f:id:mixtureagr:20161022201659j:plainf:id:mixtureagr:20161022201709j:plainf:id:mixtureagr:20161022201716j:plainf:id:mixtureagr:20161022201729j:plainf:id:mixtureagr:20161022201739j:plainf:id:mixtureagr:20161022201740j:plainf:id:mixtureagr:20161022201746j:plainf:id:mixtureagr:20161022201830j:plainf:id:mixtureagr:20161022201857j:plainf:id:mixtureagr:20161022201921j:plainf:id:mixtureagr:20161022201933j:plainf:id:mixtureagr:20161022201942j:plainf:id:mixtureagr:20161022201955j:plainf:id:mixtureagr:20161022202001j:plainf:id:mixtureagr:20161022202002j:plain

Strung Out at The Underworld Camden, London on 28th August 2016

f:id:mixtureagr:20160925193950j:plain

やっぱりこのバンドも一度見ておかなければならない使命に
勝手にかられて行ってきた。

メロディックハードコアなのかな?
でも普通のロック系といえばそうもとれるしな。
日本で人気あってもよさそうだけど。
長いこと活動してるバンドだけど、
名前自体聞いたのはこの数年だ。
ちょっと私の好きなジャンルとは異なるからかな。

チケット売り切れなかったのが意外だ。
このぐらいのハコなら売り切れるぐらいの人気のあるバンドのはず。
夏最後のバンクホリデーだからかな。
ヨーロッパの人は本当にホリデー遠出するの好きだからね。
おかげでキツキツ間もなくゆったり見れていい感じ。

ボーカルが男前だ。

曲も勉強してきたおかげでいくつかわかった。
性格のよさそうなバンドだな。
そういう雰囲気の出てるバンドのライブは好きだ。

ライブ自体もなかなか良かった。
一緒に行った人は、ロンドンきてから見たライブで
ベストだったって言ってた。
かなりライブ行ってる人が言うんだから
間違いない。

今回も誰かがフルセットをアップしてくれている。
ありがたいことです。



f:id:mixtureagr:20160925194025j:plainf:id:mixtureagr:20160925194112j:plainf:id:mixtureagr:20160925194138j:plainf:id:mixtureagr:20160925194145j:plainf:id:mixtureagr:20160925194153j:plainf:id:mixtureagr:20160925194159j:plainf:id:mixtureagr:20160925194206j:plainf:id:mixtureagr:20160925194222j:plain

Darko at The Underworld Camden on 28th August 2016

f:id:mixtureagr:20160912015559j:plain

Strung Outを見に行った。
この日は珍しく4人で参戦。
アントンとこの間のFlagで話しかけてきたイタリア人カップル
アントンはこの日出る3つのサポートバンドと全部知り合いなんだとか。
そのうちの一つ、Darkoは仲がいいらしい。

DarkoはH20のサポートで今年最初に見たライブ
私も友達もとても気に入ったバンドだったから
また見る機会があって嬉しいな。

カムデンの駅近くに住むカップルの家に立ち寄り
ライブ前の腹ごしらえでピザをいただく。
そこにやってきた彼らのお友達の女の人も今日のライブへ行くようだ。
それもそのはず、
彼女は今日のサポートアクトのギターの彼女らしい。
そしてボーカルの妹なのかな?ちょっとその辺はあまり聞き取れなかった。
なのでアントンと彼女どこかで会ってたらしい。
で、つまりはこのカップルもDarkoとお友達らしい。
私以外みんなDarkoと繋がってたわけだ。
ロンドンも狭いね。

Darkoのライブをステージ前の方で鑑賞。
メロディックハードコアなのかな、ジャンルは。
本当にこのバンド音が重くてかっこいいんだよね。
このサポートアクト級のレベルでも
頭一つ抜けてる気がする。
日本とかにもツアー行けばいいのにね。
性格も良さそうなバンドだ。
ちょっとバンドの裏話はパンクロックホリデーの話が聞けて面白かった。
今度は曲をちゃんと覚えてからライブ見てみたいな。



f:id:mixtureagr:20160913031907j:plainf:id:mixtureagr:20160913031948j:plainf:id:mixtureagr:20160913031949j:plainf:id:mixtureagr:20160913031952j:plainf:id:mixtureagr:20160913032033j:plainf:id:mixtureagr:20160913032045j:plainf:id:mixtureagr:20160913032053j:plainf:id:mixtureagr:20160913032104j:plainf:id:mixtureagr:20160913032154j:plainf:id:mixtureagr:20160913032201j:plainf:id:mixtureagr:20160913032210j:plainf:id:mixtureagr:20160913032259j:plain

Sick Of It All at The Underworld, Camden on 20th August 2016

f:id:mixtureagr:20160904211852j:plain

この日、Northern Lineが走ってなくて大変だったよ。
一人ライブだったし。どれだけめげそうになったことか。
でも、めげずに行った甲斐があったよぉ!
最初のサポートアクトからメインアクトまで全部楽しかった!

2番目のサポートアクトのKnuckledustがすごいよかったんだな。
ハードコアはファンを見てるのがそもそも楽しいな。
パンクより興味深い。こっちの方もそろそろ気合いれて見に行くかな。
ぜひまた見に行かないと、このバンド。

f:id:mixtureagr:20160904211613j:plainf:id:mixtureagr:20160904211712j:plainf:id:mixtureagr:20160904211735j:plain

メインのSick Of It All。
もちろん名前は知ってるがちゃんと曲聴いたことがない。
ハードコアは最近はそれこそ聞くようになったけど、
それでもなんか家で聴きたい感じじゃないし。
でもライブはすんごい楽しい。
やばいな、このライブのテンションは。

30周年なんだって。
そんだけ生き延びてきたバンドなんだから
もちろんライブがいいはず。
見とかなければいかんのです。

自分が歳のせいか、若いバンドよりこれぐらいの年齢のバンド見る方が落ち着く。

ハードコアだけど、比較的メロディーあって聴きやすい印象。
ダイブの嵐でこれまた見てて楽しかった。
ファンがステージに上がってはジャンプジャンプジャンプ。
若い時にロンドンに来たかった。。。。
あ、20年前に1か月間きたけど、その時はブリットロック派だったんだった。

また見たいなSick Of It All。面白かった。

f:id:mixtureagr:20160904213430j:plainf:id:mixtureagr:20160904213342j:plainf:id:mixtureagr:20160904213434j:plainf:id:mixtureagr:20160904213436j:plainf:id:mixtureagr:20160904213443j:plainf:id:mixtureagr:20160904213456j:plainf:id:mixtureagr:20160904213515j:plainf:id:mixtureagr:20160904213522j:plain

The Old Firm Casuals at 100 Club on 12th August 2016

f:id:mixtureagr:20160903051132j:plain

Rancidは本当になかなかロンドンに来ないが、
The Old Firm Casualsは今年も来てくれたので行ってきた。
初100Clubだし!
これが楽しみだったかも。
会社から歩いてすぐだけど。。。。

始まる前会場いったら、Larsが外でファンと話してて
すんごい混じりたかったけど、
シャイな私は入れなかった。。。
それにライブ前に夕飯食べなきゃいかんかったし。。
そうしないと一緒に来た人がうるさくってねぇ。。

それにしてもファンがFat系のバンドとは明らかに違う。
Fat系はバンドTシャツにジーンズっていう若者がいっぱいだけど
こっちはパンク!!な格好の人がいっぱいだし
Fred Perry率も高いし
スキンヘッド率も高い。スキンヘッドなのか平均年齢高いからそうなったのか
その辺は不明だが、、、、
すごい年期の入ったファンって感じで迫力がすごい。
ライブ一人なれしてる私も、
ちょっと一瞬一歩引きそうなぐらい迫力が。。。
一緒に無理やりついてきてもらってよかった。。。
なので夕飯行きたいって言ったら行かなきゃいけないのです。

あああ、でもLarsとまた写真撮りたかったよぉ。

この会場、横長で縦がほとんどない。
私は間違ってLarsからとーいサイドを選んでしまい、
Larsは全然マイクの前から動かないから、
とーかった。
とーいと言ってもちっこい会場だから
もちろん余裕で見えたからいいのだが。

このムービー撮ってた人、隣にいたのかな。
私、多分この横にいた。

f:id:mixtureagr:20160903051408j:plainf:id:mixtureagr:20160903051453j:plainf:id:mixtureagr:20160903051455j:plainf:id:mixtureagr:20160903051531j:plainf:id:mixtureagr:20160903051541j:plainf:id:mixtureagr:20160903051604j:plainf:id:mixtureagr:20160903051607j:plain

The Bouncing Souls at The Fighting Cocks, Kingston on 7th August 2016

f:id:mixtureagr:20160903041823j:plain

もちろん存在は知ってたが、
特に今までちゃんと聴いたことなかったし、
多分昔聴いたときは、あまり刺さらなかったんだと思う。
当時はミクスチャーがすごい好きだったから。
そーゆーバンドがいっぱいいる。

誕生日ライブじゃなかったら、行かなかったかもしれないし、
PEARSがすごく見たかったから、
どちらかというとそれのおかげで見に行くかって感じでとったチケットだった。

The Fighting Cocksは小さい会場で見やすいしすごく好きだし、
Barのおにーちゃん達も愛想がいいし、
こんな小さいところでみれるなら
1回ぐらいみてみるかってぐらいだったんだが、
もちろんチケットは即日Sold Out。
そんなに乗り気じゃないわりに、
チケットゲットはしかっりと。
前日のThe UnderworldもSold Outしてるからね。
本当にとっておいてよかった。

で、ライブに向けて勉強始めたら、
すんごいいいじゃないかー!!!
ストライクゾーンど真ん中じゃないかー!!!!
そっこうアルバム買い集めたさ。

どうしてこんな素敵なバンドを20年近く無視できたんだろう。。。。
若い時に聞いて好きじゃなくても、年とって好きになることってあるのよ。
あ〜、後悔っていうかしょうがないか。

でも、おかげですんごいすんごい楽しみになったわけで
こんなに待ち遠しいかったライブは本当に久しぶり!
このウキウキ加減は、ちょっと他のライブ見に行くのとは違うレベルの
ウキウキで、自分でもびっくり。
楽しみすぎてハッピーにすぎて、顔が自然とにやけるほど。
行く前から盛り上がりすぎた。

だってこんなんYou Tubeで見たら、
そりゃ興奮するさ。

当時のライブは、もちろん期待を裏切らないほどの盛り上がりで
フィールグッドなライブだったなぁ。
曲がいいよねぇ。本当に。
声もいいよねぇ。
ファンがみんな幸せそうでいい雰囲気だったなぁ。
終わった後こんなに充実感で満たされたライブもそうはない。
Lean On SheenaとかTrue Believersとかやばすぎる。
新しいアルバムの曲もどれもいいし。

あ、途中で女の人が男の人に顔面殴られてザワザワしたけど、
(これ以外はいい雰囲気だったんよ。。)
たまたまそのシーンをムービーに入ってて、
見てみると女の人も男の人の顔面後ろから思いっきりつかんで押してたから
ど、どっちもどっちな感じがしたけど。。。。
でも殴るのは良くないな。
そのあと女の人も機嫌なおしてライブ楽しんでてよかったよかった。
そのへんの対応はさすが、バンドは歴が長いあってうまいな。

私が撮ったムービーの方がいい感じだけど、
ひっそり一人でにやけてたまにみよ。
今度からマストでライブ行かねば。

f:id:mixtureagr:20160903042314j:plainf:id:mixtureagr:20160903042353j:plainf:id:mixtureagr:20160903042415j:plainf:id:mixtureagr:20160903042443j:plainf:id:mixtureagr:20160903042505j:plainf:id:mixtureagr:20160903042522j:plainf:id:mixtureagr:20160903042552j:plainf:id:mixtureagr:20160903042604j:plainf:id:mixtureagr:20160903042625j:plain